スタッフが成長するために、惜しみなく提供する組織体制

スタッフが成長するために、惜しみなく提供する組織体制

企業においても従業員数が多くなれば、
必然的に組織化が求められます。

次期経営者の育成。 

組織化に取り組むメリットは、
まずそこが挙げられます。

 

たとえば経営者は、
「部下をどうやって育てていくか」 
も考えなければなりません。
これは組織だからこそ生まれる仕事であり、
そうした意識が芽生えていくことは
経営者として不可欠だからです。

 

仮に従業員が2、3名だとすると、
経営者が直接、新人の従業員を見ることができます。

 

すると、中間の従業員が成長しづらくなる。
技術や接客ではなく、それ以外の部分です。
だからこそ組織というものが必要なのです。

 

従業員が増えていくことで、経営者自身も育っていけるのです。 

 

そのように考えると、たとえ従業員数が少なかったとしても、
人を育てたり、まとめる能力を養っていくことは必要です。

 

「組織」という言葉は、オーバーに感じるかもしれませんが、
「何のため」に取り組むのかに目をやれば、従業員数は関係ありません。 

 

組織化は会社を大きくしていくにも不可欠で、対外的にも影響があります。
たとえば銀行から融資を受ける、人材を募集するといったことも、

組織化している方が有利になります。

 

少しずつでも、組織づくりに取り組む。
一人ではできないことでも取り組めるようになるばかりか、
仮に経営者がいなくなったとしても、揺るがずに企業が進んでいける。

 

だからこそ組織づくりは大切なのです。

 

税理士事務所TMコンサルティングでは、組織作りのためのご相談も受け付けています。お気軽にご相談下さい。


関連タグ

, ,

次の記事